唇が歯茎にくっつきますか? 〜前編〜

高齢者の方のいびきの殆どは、

口輪筋の弛緩と連動して起こる舌根沈下が原因となっています。

 

そしてこの舌根沈下の問題は、

残念ながら単に口を閉じるだけでは解決できません。

 

唇の内側が歯茎から離れるという状態を改善して初めて、

歯茎からの反作用力で口輪筋が緊張し、舌も緊張してくれるのです(*)。

 

現在ご検討中のいびき対策器具は、

睡眠時のような無意識下で、確実にそして装着ストレスを感じさせず、

唇の内側を歯茎に密着させることができますか?

ここのところがとても重要なポイントです。

 

* 両手の親指と人差指の指先で

唇の周囲4ヶ所を軽く押して歯茎に密着させてみて下さい。

舌が緊張して先端が上顎の内側にくっつくのが確認できます。