子供の口呼吸。

口呼吸が健康に良くないのは子供でも大人でも同じですが、

子供の場合は歯や顎の骨格がまだ成長途上だという特別な事情が加わります。

 

「唇や舌の筋肉が歯や顎の骨格形成に影響を及ぼし、せっかく歯科矯正治療を施しても

鼻呼吸や舌・咀嚼筋機能に問題があると元に戻ってしまう」というのは

 

矯正歯科医の近藤悦子先生が

長年の臨床データに基きご提唱されている有名な学説ですが、

これは子供の時からずっと口呼吸を続けていると

大人になった時にそれに応じた

(無意識下では口が開いて口唇圧がかかりにくく、

 口輪筋トレーニングだけでは口呼吸の改善が難しい)

形状の歯や顎になってしまうということをも意味するのではないでしょうか。

 

永い人生において

口呼吸による種々の重大な弊害を受け続けずに済むよう、

できるだけ早い時期からお子さんの口呼吸改善に取り組んであげることを

お奨めいたします。