鼻呼吸を邪魔するドライノーズ。

今朝のTV番組「あさイチ」のスゴ技Qにて

ドライノーズ(乾燥性鼻炎)が特集されておりました。

 

ドライノーズとは、

鼻の中の粘膜が乾燥する状態です。

 

空気が乾燥してくると鼻の中がカサカサして、乾燥感やムズムズ感を感じます。

さらに、鼻水は出ないのに鼻をかみたくなります。

 

乾燥感と同時にピリピリとした痛みを伴うこともあり、

症状が進行すると鼻汁がカサブタ状になり、出血・炎症などの原因になります。

 

 

原因は、

鼻の粘膜を保護する粘液が加齢やストレスなどによって減ることと、

そこに冬の乾燥が加わることです。

 

ドライノーズになると

鼻呼吸が妨げられ、口呼吸になりがちになります。

 

 

対処法は、

とにかく鼻を潤すこと。

オススメは入浴中に鼻からしっかり蒸気を吸い込むこと。

片方の鼻を指でふさいで息を吸って吐くと、大量の蒸気が鼻の奥まで届いて潤います。

 

加えて、

寝る5分ほど前に濃度0.9%の食塩水を鼻の中に噴霧すると、

さらに改善することが期待できます。

 

【自家製ノーズスプレーの作り方】

<材料(つくりやすい分量)>

・水・・・500ミリリットル
・塩・・・4.5グラム(小さじ1弱)
(濃度は0.9% 水100ミリリットルの場合は、塩0.9グラム)

<作り方>
1.水を沸騰させて500ミリリットルとり、人肌程度に冷ます。
2.食塩を混ぜて、清潔なスプレーボトルに入れる。

※少し上を向きながら噴霧すると奥まで届きやすい。
※残った食塩水は、密閉容器に入れ冷蔵庫に保存する。
使用するときは人肌程度に温めてから使用する。
保存期間は2~3日。

 

その他にも

足の冷え対策寝具&寝まき選び

などが特集されておりました。

 

いびきや無呼吸症候群は、

さまざまな要素によって起こっています。

 

より快適に睡眠をとれるように、

呼吸だけにとらわれずに睡眠環境など

もうちょっと広い視野での問題解決も役に立つかもしれません。


 

「あさイチ」

http://www1.nhk.or.jp/asaichi/2015/02/24/01.html